ETCカードを利用する前に

ETCカードを活用しよう

ETCカードを利用する前には有効期限や挿入の確認を行いましょう。

ETCカードを利用する前に

2001年から導入されたETCカードは、最初の数年は普及率も認知度も低いものでした。

しかし、高速道路管理会社の割引制度の開始やカード会社の特典、政府の休日特別割引制度の開始により、今では高速道路を利用するほとんどの車がETCカードを利用するようになりました。

今までの停車して現金で通行料金を支払っていた方法に比べると、ETCカードは停車せずに通信で通行料金の清算ができることから大変便利でドライバーのストレスや渋滞の緩和にも役立っています。

車載器を車に設置してETCカードの挿入をしておけば、小銭の用意もいらず高速道路の料金所をスイスイ通り抜けることができ、個人だけでなく長距離トラックや高速バスにも取り入れられています。

このようにETCカードの普及で大変便利になりましたが、今までにはなかったトラブルが起こっているのもまた事実です。

利用者が原因で起こるトラブルもあれば、管理会社が原因で起こるトラブル、機器が原因で起こるトラブルなど、予測不能の事態も起こり得るようになってきました。

利用者である私たちが気を付けなければいけないのは、ETCカードを利用する前に、しっかりとチェックを行うということです。

挿入のし忘れやカードの劣化、有効期限など、先に確認しておけば防げたようなトラブルも多くあります。

便利になったからこそ、ETCカード利用方法などで正しい利用方法を学び、ETCカードを活用していきたいものですね。

おすすめ動画