正しくセットアップしていないと・・

ETCカードを活用しよう

車載器が正しくセットアップされていないとETCカードの利用ができない?

正しくセットアップしていないと・・

ETCカードと車載器、それにセットアップがうまくいっていないとETCの利用はできません。

よくあるのがETCカードを挿入していると勘違いして料金所のレーンに入ってしまい、レバーがあかないというトラブルですが、これはレーンに入る前にETCカードが挿入されていないことをお知らせするシステムができたことで少なくなっています。

ETCカードが入っていると思いレーンに入り、バーが開くだろうとそのままバーにぶつかってしまう事故なども多かったので、こうした措置が行われている場所が多くなっています。

挿入されているかどうかを確認しておかないと開閉レバーがあかないというトラブルがあるほか、通行料金が正しく送信されず、請求金額に間違いが生じることもあるので、高速道路など有料道路を利用する場合には、ETCカードの挿入の確認を行う必要があります。

時間帯割引や休日割引が経済的にうれしいサービスとなりますが、ETCカードの挿入がおかしかったり、車載器のセットアップが正しく行われていないと、利用紹介サービスなどが利用できなくなったり、割引されないなどの不具合があります。

せっかく様々な利点があるETCサービスなのに、セットアップが不十分だったり、ETCカードが正しく挿入されていないことで、利点の多いETCを活用できないことになります。

そうならないように、正しい利用を心がけることが必要です。

ETCカードがしっかり挿入されていて、セットアップも行われていたのに、不具合が起こったら、セットアップ店でみてもらう方がいいでしょう。

おすすめ動画