ETCのレーン、危険がつきもの

ETCカードを活用しよう

ETCカードの利用時、レーンをくぐる際には周りに目を配って注意しながら減速しましょう。

ETCのレーン、危険がつきもの

ETCカードシステムの運用が始まった当初、料金所レーンでの事故が多発しました。

ETCを利用する際には料金所でスピードを緩める必要があるのですが、スピードをしっかり落とさずレーンに入ってくる車も多く、減速しなかったために前の車に激突したり、開閉バーにぶつかってしまったりする事故が多発しました。

こうした事故が多くなったことで、料金所のレーンに入る前に減速し、レーンは時速20km以下で走行するように、という規則ができました。

料金所では車載器とアンテナの通信によって開閉バーが開き、必要な情報を送受信しています。

これがうまくいかないと開閉バーが開かない恐れもあり、また、安全に停止できるといわれている時速20km以下の時速以上にスピードが出ていると、不具合があった場合に開閉バーにぶつかる危険性もあります。

前を走る車と充分に車間距離をとり、減速して時速20km以下でレーン内に入っていくことが必要です。

最近ETCカードの利用で多くなっているスマートICでは、料金所とは違い、時速20km以下に減速するのではなく、開閉バーの手間で一旦停止です。

これを守らないと開閉レバーが開かずに追突してしまう可能性もあるので、必ずスマートICのバーの前で一旦停止するようにしましょう。

最近多い事故に料金所のレーン内で停車中のバイクを追い越そうとして追突する、また通信エラーになり開閉バーが開かないという事故です。

逆に、二輪車が車を追い越そうとして通史エラーになってしまうことも多いので、こうした危険行為は絶対にやめましょう。

おすすめ動画