ETCのレーンが開かない時

ETCカードを活用しよう

ETCカードも入っているのにレーンが開かない!焦らず対応しましょう。

ETCのレーンが開かない時

高速道路の料金所以外でも、例えば駐車場の料金所などで機械の不具合なのかバーが開かなかったりするとあわててしまうものですが、ETCカードシステムを利用する際、ETCの開閉バーが開かないことがあります。

この場合、あわてずに自動発券機から通行券を受け取り、ETCカードシステムを利用しない一般の場合と同じ行動をとればいいのです。

あわてて一旦下がってもう一度入ろうとしたりすると、後続車にぶつかるなどの事故を起こす危険性があります。

必ず発券機から通行券をとります。

発券機から通行券を受け取った場合、出口でETCレーンを利用することができなくなるため、ETC/一般のレーンに入ります。

料金機構のあるレーンなら係員を呼び出しボタンで呼び通行券とETCカードを渡せば手続きを行ってくれます。

入口の場合通行券を受け取ればいいのですが、困るのが出口です。

出口でETCに不具合があったり、ETCカードを挿入していなかったという場合には、停止していることによって後続車が追突してしまう可能性もあるので、ハザードランプで停止していることを知らせておきます。

それから、インターホンなどで係員を呼び出し、その説明に従います。

そのあと、係員の方にETCカードを渡せば、しっかり処理してくれます。

料金所内でストップしてしまうとあわててしまいがちですが、あわてることなく、係員を予備だして処理してもらうことが必要です。

後続車の追突の危険性が一番怖いので、必ずハザードをつけて、後続車に停止している車があることをお知らせしましょう。

おすすめ動画