ETCの多目的な利用

ETCカードを活用しよう

知っていますか?ETCカードシステムは多目的な利用が始まっています。

ETCの多目的な利用

ETCの利用は高速道路などの有料道路だけではなく、今、大きく広がりを見せようとしています。

私たちにとって料金所をスムーズに停止なく利用できるETCは、運転のストレスを大きく軽減するものとなっていますが、ETC2.0の登場によって、さらに高速道路の渋滞情報の把握など、今までよりもずっと優れた活用ができるようになってきています。

これから先は、さらにこのETC、またETCカードを利用できる幅広い運用が期待されています。

例えば、タクシーの管理システムにETCの渋滞情報を活用し、渋滞を避けて効率のよい運行を促したり、大型ショッピングモールなどの駐車場利用者に、駐車場の込み具合などの情報をETCによって知らせるなどの運用も期待されています。

ガソリンスタンドではクレジットカードなどを利用して給油する方が多くなっていますが、この料金決済に合わせて近くのドライブスルーで買い物ができるお店の情報を提供するなど、より幅広いETCの利用が今、考えられています。

このほかに、フェリーを利用する場合、フェリーの乗船簡素化のため、車検証情報と組み合わせを行い、乗船前に自動決済できるようにし、乗船に時間と手間がかからないシステムの開発や空港の駐車場についても、こうしたETC、ETCカードの多目的な利用が考えられています。

様々なところでETCカードシステムが利用されるようになれば、さらに私たちの暮らしは便利になっていくでしょう。

この中で利用による割引なども考えられていくと思いますので、ますます自動車の利用がお得になる可能性も出てきます。

おすすめ動画